会員登録は無料です。
登録すると記事投稿やコメントができるようになります。

ナレバリ -情報にもバリアフリーを-

障がい者とその家族、関係者の持つ情報はバリアフリーに!

広汎性発達障害者の特徴と安心して生活するためには

   

コミュニケーションが円滑に取れている様子。楽しく会話している人たち。情報にもバリアフリーを。障がい者とその関係者のコミュニティ、情報サイト。ナレバリ

障害を持った方の生活はとても大変です。それはたくさんの困難があります。その中でも広汎性発達障害を持つ方はどのような生活を送っているのでしょう。そして、どのようにしたら落ち着いて暮らことができるのでしょう。

広汎性発達障害者の主な特徴として、
・社会性・対人関係の障害
・コミュニケーションや言葉の発達の遅れ
・行動と興味の偏り
があげられます。

子供時代は、クラスメイトにもなじめず、クラスでも少し浮いた印象をもたれることも多いようです。大人になると、仕事での対人関係がうまく構築できなかったり、コミュニケーションがうまくとれず、それがストレスになり仕事をやめてしまうこともあるようです。

広汎性発達障害は想像力の障害と言われることもあります。目の前にないもの、情報、可能性などを頭の中で操作する能力が定型発達者と違うようです。

定型発達者は出来事の先を予測して、安心したり、またよくないことを回避しようとしますが、広汎性発達障害者は少し苦手です。例えば、臨機応変に対応しなければならない仕事など、最後までやることが決まっていないと、不安になったりパニックになったりします。

広汎性発達障害者は落ち着いた安心できる生活を望んでいます。生活を送る上でたくさんの不安があり、常に頭をフル回転で働かせているため、会話をするだけで大きなストレスと疲労感を感じる方もいます。まずは、自分の特徴を認識することが大切です。

自分にできること、周りの人の力が必要なことをリストアップし、分けましょう。細かなスケジュールや計画を立てることはとても役に立ちます。不安感を抑えることもできますし、自信を持って物事に取り組めることにもつながります。時にはチャレンジも必要ですが、無理をせずにゆっくりと自分のペースで生活することも大切です。

 - 暮らし情報  投稿者: yuzy711

ナレバリコミュニティ

有料バナー

Message

  関連記事

主に聴覚障がい者に対して有効な、朗読により読書を楽しむことができるマルチメディアDAISY図書を抽象化したイメージ画像。
本を読む楽しさを、生活に取り入れてみませんか?

■本を読む楽しさを、身近に感じる方法があります  本を読むのが趣味だけれども、L …

小茂根福祉園の工藤かおる園長(中)と、製品を持つスタッフ=板橋区小茂根で
「KOMONEST(コモネスト)」のクッションドール

KOMONEST(コモネスト)では、黒猫やドクロ、青い鳥などをモチーフにしたクッ …

上手に使えば便利なスマートフォン、SNS。情報にもバリアフリーを。障がい者とその関係者のコミュニティ、情報サイト。
SNSの利用における困りごと

■情報収集に便利なSNS  障がい者のための便利グッズや福祉サービスの情報は病院 …

障がい者が評価されるカテゴリーの一つである、芸術、アート作品としての絵画が壁に飾られている様子。
障がい者とART

■ARTの世界からみる、障がい者の作品  近年、障がい者のART作品が注目されて …

視覚障害者にやさしいタイムレコーダー

バリアフリー仕様のシステムタイムレコーダー「SX-280A」は、表示能力の高い4 …

駅前に張られている点字ブロックの様子。情報にもバリアフリーを。障がい者とその関係者のコミュニティ、情報サイト。
駅前の混雑と視覚障害 ~人混みが危険~

■人混みが危険  私には視覚障害者の友人がいます。 いつも必ず杖を持ち歩き、慣れ …

視覚障害者からのおねがい 「視覚障害者にとって差別ってどんなこと?」は全人類必読!

視覚障害者によって運営される、視覚障害者のための組織「日本盲人会連合」が差別事例 …

恋愛関係にある男性から花束を受け取りプロポーズをされて喜んでいる女性のイメージ。
障がい者が恋愛の悩みを解決する方法

 障がい者に恋愛は難しいと考えている人もいるでしょう。  確かにすべての人が障害 …

整然とした、整理された、片付けられた部屋のイメージ。情報にもバリアフリーを。障がい者とその関係者のコミュニティ、情報サイト。ナレバリ
片づけが苦手なADHDの方々に最適なグッズとは

■カラーボックスや電子書籍を活用しましょう  ADHDの特性を抱える人々は基本的 …

障がい者や介護が必要な方でも簡単に情報収集をすることができる、パソコンやスマートフォン、スマホの近くに、インターネットではよく使われる、いいね!というフレーズの入ったカフェラテを添えた落ち着いた情報集めの環境のイメージ。
情報を集めて活用しましょう! ~障がいや介護に有効な情報収集~

■自分に有効な情報は、自分で見つけられる  病気やケガ、加齢により、体が思うよう …