会員登録は無料です。
登録すると記事投稿やコメントができるようになります。

ナレバリ -情報にもバリアフリーを-

障がい者とその家族、関係者の持つ情報はバリアフリーに!

発達障害を抱える人が持つべき冬の安眠のためのアイテム

   


発達障害を持つ人は生活する上でさまざまな困難を抱えがちです。その一つが睡眠障害。発達障害を抱える人の多くは睡眠障害も患っています。この睡眠障害は、冬になると、二次障害に繋がる可能性が高くなります。

その二次障害とは冬季うつ。睡眠とメンタルは切っても切れない関係。睡眠の質が落ち続けたり、睡眠不足が続いたりすると、うつになる可能性が高くなります。そのため、発達障害者が健康に冬を過ごすためには、睡眠不足対策が重要となるのです。

そこで、注目するべきなのが、加重ブランケット、もしくは加重毛布です。ウェイトブランケットとも言われます。加重ブランケットとは、2キロから5キロほどの重さがあるブランケットのこと。

不安障害や発達障害を持っている人は、重みを感じることで、安心し、快眠を得ることができます。そのため、加重ブランケットが、冬の睡眠不足対策に有効なのです。加重ブランケットはインターネットで購入することができます。

大手の家具小売店も販売しているので、店頭で買い求めることも可能です。重さは商品によって違うので、一度も使ったことがない人は、小売店へ向かうのがおすすめです。一度手に取って、自分にとってどれくらいの重さが最も安心できるのかを確かめて、購入すると良いでしょう。

 - 便利アイテム  投稿者: takeshi

ナレバリコミュニティ

有料バナー

Message

  関連記事

整然とした、整理された、片付けられた部屋のイメージ。情報にもバリアフリーを。障がい者とその関係者のコミュニティ、情報サイト。ナレバリ
障害者の人にやさしい美術館

絵画に興味を持っていても、障害者だからと美術館に行くのを控えてしまう人も多くいま …

no image
レストランメニュー読み上げアプリを開発

サイバネットシステム株式会社は、汎用ARアプリ「junaio(ジュナイオ)」(無 …

犬の車いすを3Dプリンタで! 作り方も公開中

2014年に生まれつき前足がない状態で生まれてきたダックスフントのバブルス。飼い …

聴覚障害者と会話ができるアプリ。手話は不要 – TechCrunch

goo.gl/XdiBJT Transcenseは、会話をリアルタイムでテキスト …

宇都宮市、「ヘルプカード」作成

宇都宮市は、障がいのある方などが災害時や日常生活の中で困った際に、周囲の人が障が …

スマートフォンを活用して、生活を簡便化し豊かに暮らす人のイメージ画像。情報にもバリアフリーを。障がい者とその関係者のコミュニティ、情報サイト。ナレバリ
障がい者の人もIT機器は使える

■障がい者にもスマートフォンは役に立つ  障がい者の人は健常者に比べて日常生活で …

【視覚障害者向け】iOS用日本語入力アプリ、ドコモが開発

 NTTドコモが、手元を見ずに文字入力ができ、視覚障害者でも便利に利用できるとい …

自閉症の人が、他人の顔を見ることの難しさをタブレットで解決 サムソンがアプリ開発

他人の顔に反応を示すことが難しい人たちがいます。自閉症や双眸失認、アスペルガー症 …

文字入力支援ツール「もじタッチ」

「もじタッチ」はスマートフォンへの文字入力が困難な身体障害者向けの、文字入力支援 …

コミュニケーション支援アプリ「こえ文字トーク」

「こえ文字トーク」は、聴覚に障がいのある方と健聴者との円滑なコミュニケーションを …