会員登録は無料です。
登録すると記事投稿やコメントができるようになります。

ナレバリ -情報にもバリアフリーを-

障がい者とその家族、関係者の持つ情報はバリアフリーに!

車いすでも安心に旅行やお出かけを楽しむアイテム

   


秋はおでかけや旅行を楽しむのにちょうどいい季節になるため、障害をもつ人たちが安心して楽しくお出かけが出来るようなアイテムを紹介します。まず、車いすの人が旅行をする際にあると便利なのが介護用の折り畳み式のマジックハンドです。

例えば、宿泊先のホテルで洗濯機や乾燥機を利用する場合、通常車いすの人の高さに合わせていないため手を伸ばしても届かないこともあり使いにくいです。その時にマジックハンドがあれば、高い位置にある乾燥機などに洗濯物を入れたり取り出したりが容易にできます。

また、鍵などの小物が床に落ちてしまった時なども取りやすくなるので、一人で旅行を計画している人にはカバンに一つ持参していると重宝します。

他にも長時間のお出かけになる時には、車いすと使用するクッションも外出用の物を用意しましょう。介助型の車いすの場合は、なるべく軽量で小型のものを選ぶと介助者の負担を軽減してくれます。

また、外出時はアスファルトなど地面がでこぼこの場所ではクッションがずれやすくなり、使用者の臀部への負担も強くなる傾向があります。滑り止めを使用したり除圧機能の高いクッションを使用するなどして体への負担を減らし、楽しく外出を行いましょう。

 - 便利アイテム  投稿者: takeshi

ナレバリコミュニティ

有料バナー

Message

  関連記事

商品情報の案内アプリ「Barcode-Talker」

 Barcode-Talker (バーコード・トーカー) は、最新バージョンを公 …

no image
介護用の足台「My Foot」

現在日本では、何らかの事情によって体が不自由で生活に支障を来している人を支援する …

失くし物の多い方におすすめ!「探し物発見器 ここだよS」

株式会社エスコアールは、「探し物発見器 ここだよS」を販売しています。価格は3, …

【聴覚障害者をサポート】周囲で検出した“危険音”を可視化して知らせてくれる「Otosense」

私たちが危険を感知するとき、まず聴覚で捉えた音によって知覚することが多い。そのた …

パソコン操作を支援するアイテムのご紹介

インターネット技術の進歩により、人々の日常生活におけるインターネット利用率は年々 …

スマートフォンのアプリをうまく利用して、時間の管理をしてみましょう。情報にもバリアフリーを。障がい者とその関係者のコミュニティ、情報サイト。ナレバリ
発達障害であっても時間をしっかり管理するために出来ること

■発達障害に関する悩みの定番である遅刻  発達障害やADHDがあると、時間の管理 …

「病院内移動支援システム」を開発

慶應義塾大学医学部の三村將教授、同大学院システムデザイン・マネジメント研究科の西 …

2019年冬の耳の発達障害向けのアイテム紹介

発達障害の人の中には、周囲の音に過敏になってしまう聴覚過敏の症状を抱えている人も …

覚えてください、ヘルプマーク。まだあまり浸透していないヘルプマークです。情報にもバリアフリーを。障がい者とその関係者のコミュニティ、情報サイト。
神奈川県でもヘルプマークの導入が決定

東京都は、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方 …

Facebook、視覚障がい者サポート技術「自動代替テキスト」を開発

Facebookは、視覚障がいを持つ方々にも晴眼者と同じようにFacebookを …