会員登録は無料です。
登録すると記事投稿やコメントができるようになります。

ナレバリ -情報にもバリアフリーを-

障がい者とその家族、関係者の持つ情報はバリアフリーに!

障がい者の恋愛や結婚に大切なスタンス

      2021/07/31


恋愛や結婚に興味があるのは、ごくごく自然な事です。ハンディキャップを抱えているからといって、むやみに恋愛に奥手になる必要はありません。結婚願望を持つ自分に嫌悪感や自責の念を持つ必要はなく、むしろ恋愛や異性への関心といった欲をポジティブなものとして解釈し直すスタンスが大事です。障がいと向き合いながら、恋愛や結婚への希望を満たす建設的な思考や行動を意識しましょう。

急がば回れの気持ちを大事に

障がいを抱えているからといって、恋愛を諦めたり結婚願望を自重する必要はありません。ただ現実問題として、ハンディキャップがあるため、いわゆる健常者である友達や兄妹姉妹のように、早々と異性と交際したり若い年齢で結婚しようという考えに至るのは難しい実情があります。いわゆる健常者と障がい者ではそもそも歩む人生の流れが違う、という点を前向きに解釈し、他人と自分の人生をむやみに比較しない姿勢を大事にしましょう。急がば回れという言葉がありますが、恋愛や結婚を楽しむためには目先の合コンや婚活イベントに参加するのではなく、まずは自分のQOL向上に取り組み、心身のコンディションを整えておく事です。

他人と比較せず、地道に将来の恋愛や結婚に向けて取り組む

障がいを抱えると現実問題として、いわゆる健常者のようなスピード結婚や活発な恋愛は難しいのが現状です。恋愛へのあこがれや結婚願望は健全な欲求なので捨てる必要はなく、むしろ大事なモチベーションとして解釈しましょう。一方で焦りや友達、兄弟姉妹との比較は禁物です。急がば回れの気持ちを大事にして、恋愛や結婚を楽しむためにも目の前のハンディキャップを克服し、QOLの向上に取り組みましょう。

 - 【相談ひろば】 ,  投稿者: yuzy711

ナレバリコミュニティ

有料バナー

Message

  関連記事

パーソナリティ障害って何なの!?

この記事を読んでいる人の中には、周りの人との人間関係がぎくしゃくしたり、ストレス …

取り入れてみたい障がい者向けの支援とは

障がいのある人を対象として、国は様々な支援を行っています。今回は、その中のひとつ …

世界と日本で障がい者が働くことをどう考えているのかが違う

日本では、一定数以上の企業や地方公共団体に対して、法定雇用率以上の割合で障がい者 …

働く際の心構え

誰しも、仕事には様々な悩みや不安を抱えるものです。特に障がいを抱える人は、多くの …

多くの障がい者が不安に思うこと

障がい者の人は、健常者とは異なる特別な不安を抱くことがあります。その不安は、障が …

障がいを気にせずに遊べるスポット

子どもと一緒に公園デビューしたいというのは、多くのお母さんにとっての夢だといえま …

障がい者が取得できる資格を紹介

資格は仕事に活かすことができたり、ステータスになったりといったメリットがあります …

安心をイメージしたハートから若葉が生えている画像。情報にもバリアフリーを。障がい者とその関係者のコミュニティ、情報サイト。ナレバリ
嬉しいことが活力に繋がる

 相手にとって何気ない行動だとしても、自分にとってはとても嬉しく感じることがあり …

障がい者が仕事をする時に必要となるスキル

障がい者が自立して生活をしていくためには、仕事をして収入を得る事が必要です。そこ …

障がい者が働くために必要なこと

障がい者が働くということは、簡単なことではありません。それでも、周囲の人が協力す …