会員登録は無料です。
登録すると記事投稿やコメントができるようになります。

ナレバリ -情報にもバリアフリーを-

障がい者とその家族、関係者の持つ情報はバリアフリーに!

自閉症の子どもを持つ 保護者向けオンライン学習プログラムを5月25日開始

   


特定非営利活動法人ADDS(所在地:東京都新宿区、共同代表:竹内 弓乃・熊 仁美)は、自閉症などの発達障害あるいはその疑いのある子どもへ、保護者が家庭でできる療育(治療教育:子どもたちの発達の促進や社会的自立を目指して行われる教育支援)の実施をサポートするオンライン学習プログラム「ネットdeぺあすく」を2016年5月25日(水)にリリースいたしました。

img_102685_1
全国どこでもスマホやタブレットで視聴可能!

URL: www.adds.or.jp/?page_id=2372

●背景
~自閉症には早い段階での療育が必要~
人と目を合わせない、名前を呼んでも振り向かない、なかなか言葉が出ない、特定の物へのこだわりが強いなど、さまざまな症状をもつ自閉症は、発症率が68人に1人とも言われます(米国疾病管理予防センター, 2010)。この自閉症は発達障害の一つで、心の病気ではなく先天的な脳機能の障害です。応用行動分析(Applied Behavior Analysis:ABA)という理論体系に基づき早い段階で療育(治療・教育)を行うと、その症状が劇的に改善することが複数の研究から明らかになっており、米国などでは自閉症への支援モデルとして最も推奨されています。

~自閉症への理解が低い日本での活動・課題~
しかし、日本にはまだほとんど浸透しておらず、情報・人材・経済的支援ともに全く足りていません。私たちADDSは、保護者が子どものよき理解者・支援者となり家庭で取り組める早期療育プログラムを開発し、2009年よりこれまでに約140家庭に提供してきました。その結果、子どもの知能指数や適応行動の向上、保護者の自己効力感の向上など大きな成果が出ています。
これまで提供してきた保護者トレーニングは、コンサルタントと保護者・お子様が毎週顔を合わせて直接指導するものでした。全国からお問合せをいただきながらも、教室に通える範囲にお住いの親子にしかサービスを提供できないという課題を抱えていました。

●本プログラムについて
~全国どこからでも受講できるオンライン学習プログラム~
より多くの親子へ早期に支援を届けるため、これまで実施してきた保護者トレーニングのエッセンスを抽出し、全13回のビデオ講座にまとめました。このプログラムは、全国どこからでもスマートフォンやタブレットがあれば受講できるオンライン学習プログラムです。付属のテキストを見ながらビデオ講座を視聴し、実際にご家庭でお子様に療育を実施するワークに取り組むことで、小さな「できた!」を親子で体験することができます。その体験を通して、お子様の可能性に気づき、次の一歩に繋げていただくことがこのプログラムの大きな目的です。
3ヶ月間の講座受講後は、お子様の発達状況やご家族のニーズに応じて、次なる具体的なアクションのヒントがADDSのペアレントトレーナーから届きます。

~モニターの実際の声~
事前にモニターとして受講いただいたご家庭からは、「時間に追われて余裕の無い毎日で、好きな時間に受講できるのが良かった」「クイズ方式で復習できるのが良かった」「まさに困った行動に悩んでいたので、受講できて良かった」「親が知識を持つだけでこんなにも変化があるとは思ってもみなかった」など嬉しい声をいただいています。

【対象】
発達が気になる2歳~小学校低学年くらいまでのお子様の保護者様

【お申込み受付開始】
2016年5月25日(水)

【お申し込み方法】
advanced@adds.or.jpまで以下のフォームをコピーし必要事項を記載してください。
件名に「ネットdeぺあすく参加希望」と明記し、送信してください。

————-お申込みフォーム————-
・お名前(主にe-learningを受講する保護者様)
・お住いの地域(〇〇県△△市まで)
・連絡先(PC及びケータイメールアドレス、電話番号)
・支援対象の子どもの年齢と性別、診断が付いている場合は診断名
(  )歳(  )ヶ月  /  診断名(    )
・受講を希望する理由
・その他ご質問等ございましたらお書きください
——————————————

※お申し込みは、プログラム紹介ページからもできます。
【プログラム詳細】
(サイト)  www.adds.or.jp/?page_id=2372
(紹介動画) www.youtube.com/watch?v=9wda8mVAzFg

【団体概要】
自閉症などの発達障害のあるお子さんとその保護者を、効果の実証された手法によってサポートしています。また、この手法による早期集中療育を日本に根付かせることを目指しています。
多くのスタッフが大学院を修了し、様々な研究に従事してきた高い専門性と、豊富な臨床経験をもとに活動しています。

参照元:@Press(アットプレス)

 - ニュース  投稿者: On

ナレバリコミュニティ

有料バナー

Message

  関連記事

「障がい」表記は差別の解消に有効なのか?

ニュースサイト「SYNODOS(シノドス)」にて、『「障がい」表記は差別の解消に …

no image
視覚障害者のための映画祭、音声解説が伝える物語の情景 パリ

筆者の知人の視覚障がい者はテレビはつけるけれども、映画館に足を向けることはほとん …

解りやすいイラストや図を用いて会議の議論を深める様子。情報にもバリアフリーを。障がい者とその関係者のコミュニティ、情報サイト。ナレバリ
障がいを持ちながら働くためにやるべきこと

■周りへどのような配慮が欲しいかを自分なりにまとめておこう  日本はハイコンテク …

僕らの未来はストーリーに駆動されている Augmented Human 2015と日本の研究者たち – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

WirelessWire Newsは、IoTを切り口にこれからの社会を読み解く専 …

【京都】名だたる社会起業家が集結!R-SIC(アール・シック)

R-SIC(アール・シック)は「社会起業」の最先端を知るカンファレンスです。20 …

卓上型会話支援システム「COMUOON(コミューン)(R)」「手芸センタードリーム」の手芸教室において、聴こえを支援

「コミュニケーションのバリアフリー社会」の創出を目指し、 卓上型会話支援システム …

声の広報「厚生」が更新されています

東京都の日本盲人会連合が6月12日に声の広報「厚生」を更新しています。これは、厚 …

点字ブロックのある駅のホームの画像。情報にもバリアフリーを。障がい者とその関係者のコミュニティ、情報サイト。ナレバリ
ソーシャルディスタンスがもたらした視覚障がい者への影響とは?

 人と人との距離を確保する“ソーシャルディスタンス”は今や社会の常識となっていま …

“手から離したくない”究極の手触りを追求した会津漆器『めぐる』発売  視覚障がい者の特別な感性と漆器職人の高い技術がコラボレーション

会津で伝統工芸コーディネ―ターとしての活動を続ける株式会社明天(所在地:福島県会 …

障がい者に効果的なバリアフリー策について、企業として何ができるか?を社内で検討している様子。
企業が取り組むバリアフリー

■「心のバリアフリー」に参加するサポート企業の取り組み  普段の生活において、何 …